検索
  • 松原 麻実

表参道ホワイトデンタルクリニックさんの輝く女性インタビューに掲載されました。

こんにちは!

恵比寿からだとこころ まつはらです✨

表参道ホワイトデンタルクリニックさまにお声がけいただき、

「輝く女性インタビュー」にご掲載いただきまました☺️

わたしが鍼灸師になったきっかけや、ケニアでの鍼灸ボランティアのことも少し取り上げていただきました😊💓


こちらをご覧ください🤗http://omotesando-whitening.com/16169731818217

表参道ホワイトデンタルクリニックの院長 北林さんは、診療だけでなく、このように小さなサロンをピックアップし、応援する活動もされています☺️

わたしにとっては、北林さんが、まさにとっても素敵な「輝く女性」だなと感じます☺️💓✨

数あるサロンの中から、お選びいただき本当にありがとうございました!


私の文章は読みにくいとご指摘いただいたこともあり、どんな風に書いたら良いのか悩みましたが、以下にこの回答を書くときの私の自問自答と、冷静なツッコミを入れたバージョンもご用意しました。

よろしければ、ご覧ください!




1.ご職業を教えてください!

A,鍼灸師・アロマセラピスト・心理カウンセラー・スクール講師をしています。


(これって職業というより資格だけど良いのかな。エステの資格もあるけど、、ごちゃつくし私エステティシャンっぽくないからな、、、、伏せましょう。笑)

2.松原さんは北海道ご出身ですよね。

どうして鍼灸師になろうと思ったのですか?

どうして上京しようと思いましたか?

高校を卒業してから、今までのキャリアパスを教えてください!



A,はい!北海道出身です!

私が鍼灸師になろうと思ったきっかけは、中学生の頃に両親を亡くしたこともあり、自分の力で生きてくためにはどうしたら良いのだろうと真剣に考えた結果、「手に職」という理由から鍼灸師を選びました。当時は、人の役に立ちたいというよりは、自分が生きていく術として一生続けられる仕事を選んだ、という感じでした。

上京しようと思ったきっかけは、技術的にも人間としても、ここで満足していていいのかな、という気持ちが強くなり、もっと難しいことにチャレンジしたい!と感じるようになったからです。

田舎者の私の頭の中は、「東京=施術慣れしているお客様が多い=難しい環境=レベルアップできる」という認識がありました。笑


(偏った認識だな!!実際は、東京に来たおかげで、様々なお仕事のお客様に出逢い、ものすごく視野が広がりました。確実に刺激を受けまくりました。笑)

経歴としては、高校卒業→鍼灸専門学校卒業→地元の鍼灸院兼アロマサロンで勤務→上京し鍼灸オイルマッサージのお店で勤務→開業という感じです。


(キャリアパスってなんだ?!キャリアなんて全然ないけどいいのかな。とりあえず、毎日飽きることなく、地道に臨床経験は積んで今に至るということが伝えわれば良いでしょう。)

3.東京に来るとき、勇気がいりましたか?周りに反対されたりしましたか?それともみんな、「行ってこい!」みたいな雰囲気でしたか?

A,私の気持ちとしては、不安は全くなくてワクワクと楽しみでいっぱいでした!

周りの方々は、みなさん本当に応援してくださりましたし、「いつでも帰っておいで」と声をかけてくださりました。

しかし、「東京ではすぐに人を信用したらダメ!騙されないように!」というアドバイス(なのかな笑)はたくさんいただきましたね!笑


(不安を感じるほど、深く考えていなかったのかも。とりあえず、楽しいことが待っていそうと言うプラスの感情しかなかった。東京に来て、騙されたこともなかったし、悪い人にあったりもしなかったと、今はあのときアドバイスをくれた人に伝えたい!笑)

4.松原さんはアフリカでも鍼灸治療のボランティアをされたそうですが、その時のことを教えてください!

アフリカのどこの国ですか?

日本で鍼灸治療をする時と何か違いはありましたか?

外国の人もみんなツボは同じですか?

A,NPO法人イルファーのフリーメディカルキャンプに参加させていただき、ケニア共和国に行きました。

医師、看護師、歯科医師、薬剤師の皆さんと一緒にスラム街の方達に、ボランティア診療を行いました。

ケニアでは貧困だけでなく、HIV感染者への差別が強く残っており、医療を受けることができない方々が多くいらっしゃいます。

プラスチックグローブをしていてもHIVの方への治療は、日本では味わうことがないような緊張感がありました。

また、骨格や筋肉のつき方など、日本人の体とは全く違っていることも新鮮でしたね。

ツボは基本的に同じですが、潜在能力というのか、施術後の反応がとても良く「オリエンタルマジック!」と言って喜んでくださりました!

「普段医療を受けられない地域の方々への治療」ということもあり、みなさん「これで治療は終わりですよ」と言っても、「まだここをやってくれ!」「ここも痛いんだ!」と主張がものすごく強くて、圧倒され(苦笑)、日本人との違いをひしひしと感じました。笑

(ケニアの話めちゃ長くなっちゃった。いいのか、、、?ボランティア活動を終えて帰国してから40度の熱を3日間出して寝込んだのはここだけの話。コロナが落ち着いたら、またいろんな活動しに行きたいなあ、、、)

5.仕事をしていて、大変すぎてもう辞めちゃおうかなとか、他の仕事しちゃおうかな、という気持ちになったことはありますか?

A,仕事が大変で辞めちゃおうかな、と思ったことは一度もありませんでした。

ただ、わからないことやできないことが多すぎて、悔しさと情けなさで再起不能、、、となったことは何度もあります。笑

とにかく仕事に夢中になりすぎて、仕事や仕事に繋がること以外は全く興味がありませんでしたね。

この仕事に感謝していますし、本当に大好きです!

(好きすぎて、仕事以外のこと全くしていない。本当に。仕事の話しかしないから、たまには雑談しようよ!と友達に言われたことがあるくらいです。笑。でも仕事のために、学生の頃は興味がなかった美術とか芸術とか、自然に触れるようになって、入り口がどこかは関係ないんだなと思いました)

6.この仕事をしていて、最高の瞬間!というのはどんな時ですか?

A,最高の瞬間、、少しマニアックですが、日常の立場や肩書き、役割などをいったん下ろして、一人の人間としてスーッと寝息を立てて眠るお姿をみた時には、もう最高に嬉しくなりますね!

(いや、それってただ寝てるだけでしょ!って話ですが。笑笑。お母さんが赤ちゃんが眠る姿を見る時って、これに似た幸せなのかなって感じます。って、だいぶ怪しい感じになってきた。。。笑)


痛みや辛さが和らぐと、人は本当に穏やかな笑顔になり、そんな笑顔を見ると喜びや幸せをいただいているのは私の方だな、といつも感じます。

(これは本当に心から思います!)

7.恵比寿からだとこころは、鍼灸と心理カウンセリングが一体になった新しい形の鍼灸サロンですが、1番のウリはなんでしょう?

1.の質問とかぶりますが、どういう経緯でご開業に至りましたか?

A,恵比寿からだとこころは、鍼灸アロマ治療室・心理カウンセリング・セラピストスクールが一体となったサロンです。

今、日本にあるサロンは、体または心のどちらかを扱うサロンが多いですが、「心身一如」という東洋医学の考え方の通り、心と体は深く繋がっており、分けて考えることができないものです。

体が元気でも心が病んでしまうと前向きに生きることは難しく、心が元気でも体に不調があると笑顔で過ごすことが難しくなってしまうと感じます。

そして、考え方や感じ方といった思考のクセもまた、心と体に深く影響を与えています。

お客様にとって「心・体・思考」をより健康的に、自分が生きやすいように整えていける場所となっていくことが「恵比寿からだとこころ」の目指すところです。

病気とは言えないけれど、毎日を自分らしく笑顔で生きることが難しくなっている方々に、多様な視点から専門性を持って健康のご提案ができるというところが1番のウリです。

(ここ一番大事!ってわかっていてもうまく書けない!涙。伝わりますか?みなさま。。。)

開業に至った経緯は、昨年の新型コロナウィルスの影響で、心と体のケアを一緒にする場所の必要性を強く感じ、開業を決意しました。

一緒に創り上げようと言ってくれた仲間がいたおかげで、現在の「恵比寿からだとこころ」をオープンするに至りました。

私一人ではこのような形にはできなかったので、仲間には本当に感謝しています。

(本当に仲間に出会えて感謝です。。。涙)

8.これからの夢や目標を教えてください!

A,個人としての夢は、自分のこれまでの経験から、体と心のケアを通して一つでも多くの「笑顔といのち」を守れる人になりたいと思っています。


会社としての夢は、「こころとからだのケア」と言えば、「恵比寿からだとこころ」と、みなさまに知っていただけるお店となることです。

「しんどくなったら、まずここに行けばなんとかなる」と、お客様に思っていただけるような信頼できるプロフェッショナル集団となり、多くの人の役に立てるお店になります!

夢はたくさ〜んあるのですが、まずはここをしっかりと叶えていきます!

9.最後に好きなことをしたり、自立して輝きたい日本人女性にメッセージをお願いします!

A,私は「自分なんて」と自分を否定して生きていた頃よりも、「自分って最高!」と思って生きている方が遥かに楽しくて、幸せが多いなと感じています。

(自分て最高って、またぶっ飛びましたが。私はかなり極端な人間なのかもしれませんね。笑)


不思議なもので、これは自分の考え方ひとつで変えられることで、誰の力も必要としません。

でも考え方を変えるには、知識や仲間が必要だとも思います。

(知識も仲間も、からだとこころでは得ることができます!セラピストのみなさん、一緒に最高な自分で、最高の仕事をしましょう〜!!←お店の宣伝し始めた!)


学びながら、自分の好きなことや楽しいと思えること、自分らしくいられることを、一つ一つ丁寧に見つけて大切にしていけたら、それが「輝き」の源になっていくのかなと思います。

「満たされた自分」から、自然と溢れ出た輝きに包まれた女性になっていきたいですね!



拙い文章でしたが、最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

最後に、このような機会を与えていただいた表参道デンタルクリニック 北林様に、心より感謝申し上げます。


(誰かに興味を持っていただけるって、本当にうれしいことですね!

今回お声がけいただいて、今の私は応援されたり導いていただいてばかりですが、いつか誰かを応援しサポートできる人になりたいと思いました!ありがとうございまいした!)


24回の閲覧0件のコメント