top of page
検索
  • info4178070

噛み締めが強い私のセルフケアとからここのケア

更新日:2022年10月23日

「畠中さんは噛みしめが強いからこのまま放っておくとおばあちゃんになった時に、奥歯がボロボロになるね。」


と5年ほど前に歯医者さんに言われるほど噛み締めが強いらしいです。



その時、歯医者さんからアドバイスしてもらったのが



日中は噛み締めないように意識すること。

夜間はマウスピースを作って装着するようにすること。



夜間のマウスピースは、最初は違和感しかなくマウスピースを外したくなりましたが

慣れてくると、翌朝の顎首周りや顔の硬さが軽減しているのを実感。



日中の噛み締めは意識して、今はほとんどしていない。(と思っています)



ただ、噛み締めがなくなったわけではなく、首や顎周りの硬さや側頭部の硬さはあり(姿勢も大きく関わっていますが)押さえるとゴリゴリ。


からここならどうする?


そんな時は、自分で鍼をします。

噛み締めが強い時は耳の下の「天容」というツボがガチガチ。(シュールな絵が「天容」の場所)そこに、鍼を刺入するとスーッと硬さが柔らぎ、首回りがとても楽になります。後は、頬骨の下の「巨リョウ」というツボも押さえるとズーンと響き、鍼をするとスーッと軽くなり顔全体もすっきりします。



首に繋がる足首のツボ

「崑崙(コンロン)」「太ケイ」というツボにも鍼をしたり揉んだり。

足首のツボですが、ここを刺激すると首が動かしやすくなります。



また、鍼が手元にない時は側頭部をグリグリと。

すると、顎周りや軽くなり、ついでに目もすっきり。



噛み締めがある方はもちろん、長時間パソコン作業をされている方も

上記の部分の鍼やマッサージはおすすめです。



『恵比寿からだとこころ』では、オプションで美容鍼(ヘッドマッサージ付き)をおつけすることができます。噛み締めや長時間のパソコン作業の方にはおすすめです。


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

頭脳労働者向けの特別なマッサージ技法:睡眠の質を向上させる方法

現代社会において、多くの人々が頭脳労働に従事しています。デスクワークやコンピューター作業が日常の一部となり、長時間の集中が求められるため、肉体的な疲労だけでなく、精神的な疲労も蓄積しやすくなっています。このような状況下で、睡眠の質を向上させることは非常に重要です。そこで、特に頭脳労働者に向けた特別なマッサージ技法が注目されています。本記事では、睡眠とマッサージの関係に焦点を当て、頭脳労働者向けのマ

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page