top of page
  • 畠中美希

6月は太りやすい時期!?〜鍼灸&アロマオイルマッサージで太りにくい体づくり☆〜

更新日:7月4日

6月は梅雨の影響で湿度や気温が変動し、体がだるくなったり、むくんだりしやすい時期です。これらの要因が体調や代謝に影響を与え、体重増加を引き起こすことがあります。鍼灸とアロマオイルマッサージを組み合わせることで、6月特有の体調不良に対し太りにくい体づくりをサポート!その理由についてお伝えしていきます。


鍼灸治療による対策


1.代謝の促進


 鍼灸治療では、代謝を活性化するツボに鍼を打つことで、体内のエネルギーの流れを整え、基礎代謝を向上させることができます。


おすすめのツボ↓

足三里(あしさんり): 膝下の外側にあるツボで、胃腸の働きを助け、消化を促進します。







2.むくみの解消


 体内の余分な水分を排出する経絡やツボを刺激することで、むくみを緩和します。


おすすめのツボ↓

陰陵泉(いんりょうせん): 膝の内側にあるツボで、利尿作用を促進し、体内の水分バランスを整えます。





3.ストレスの軽減


ストレスによる過食や自律神経の乱れを鍼灸で整えることができます。


おすすめのツボ↓

内関(ないかん): 手首の内側にあるツボで、不安やストレスを和らげる効果があります。








アロマオイルマッサージによる対策


  1. 血行促進と代謝の向上 オイルマッサージを行うことで、血流が良くなり、基礎代謝が向上します。特に、リンパの流れを促進するマッサージが効果的です。


2.むくみの軽減


  むくみを改善するアロマオイル(例:ジュニパーベリー、サイプレス、グレープフルーツなど)を使用しマッサージすることで体内の水分を排出します。


3.リラックスとストレス解消


  リラックス効果のあるアロマオイル(例:ラベンダー、カモミール、ベルガモットなど)を使用し、香りとともに心身のストレスを和らげます。



鍼灸とオイルマッサージの組み合わせがおすすめ!!


  • 代謝と排出: 鍼灸で体の内側から代謝を活性化し、オイルマッサージで外側からリンパの流れを良くすることで、むくみの解消と体重管理に効果的です。


  • ストレスの軽減: 鍼灸で自律神経のバランスを整え、オイルマッサージでリラクゼーションを促進することで、ストレスによる過食や体調不良を防ぎます。


まとめ

6月の体重増加を防ぐためには、鍼灸とアロマオイルマッサージの組み合わせが効果的です。鍼灸で体内のバランスを整え、代謝を促進し、アロマオイルマッサージで血行とリンパの流れを改善し、リラクゼーションを図ることが、体調管理に有効です。これらの方法を実践することで、梅雨の季節でも健康的な体を維持し、太りにくい体質を作ることができます。

「最近、体が重だるい」

「すごく食べているわけではないのに体重が増えてる」


という方は、是非一度、鍼灸&アロマオイルマッサージを受けてみてはいかがでしょうか。





閲覧数:20回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page