検索
  • 湊まり子

リフトアップの秘訣‼️

こんにちは。

恵比寿からだとこころ卵サロンスタッフ

の湊です!

暦の上では秋となりましたが、まだまだ暑い日が続きますね🥵


お盆休みで旅行や帰省などで、写真を撮る機会が増えませんでしたか?

久しぶりに写真に写った自分の顔をみて

「ほうれい線が濃くなった…」「フェイスラインがぼんやりして見える」などの“老けサイン”が気になったりしませんか🥲😅


その原因は、加齢によって肌の弾力が低下したり、顔の筋肉が低下することによって発生する「顔のたるみ」です。

顔がたるむと一気に見た目年齢が上がってしまうので、ぜひリフトアップさせましょう❣️


リフトアップには色々な方法がありますが、実はヘッドケアも効果があるのです‼️


目次

1.頭の筋肉はどんなものがあるの?🤓

2.頭皮を緩めて体のこりを治そう😉

3.お顔のたるみをは頭のこり🫢

4.頭のこりはプロにお任せ✨✨


1.頭の筋肉はどんなものがあるの?


頭の皮膚には「帽状腱膜」を中心に「前頭筋」「側頭筋」「後頭筋」という筋肉が付着しています

「前頭筋」は、額から前頭部にかけて覆う筋肉で、眉や上まぶたを引き上げ驚きの表情を作る筋肉です。精神的なイライラ、心配や悩みごと、ストレス等でコリやすい所です。

「側頭筋」は、頭の側面につく扇形の筋肉です。物を食べる時に使う咀嚼筋のひとつです。特に目の周りの血流に関係している筋肉であるため疲れ目、かすみ目の原因になることがあります。

「後頭筋」は、頭の後ろを覆う筋肉で、額を平らに伸ばす働きをします。

「帽状腱膜」は、薄くて丈夫な腱膜で、頭部の皮膚と前頭,後頭,側頭の3個所にある各1対の筋と結合しています。


2.頭皮を緩めて体のこりを治す


このように頭皮は顔だけでなく様々な筋肉に繋がっています。他にも首や僧帽筋、肩甲骨まわりにもつながっているため、頭皮のこりを緩めることで頭痛だけでなく、肩こりを改善させることができます。

このような筋肉の繋がりは全身にあります。人の体は額(おでこ)から後頭部、首、肩、背中、腰、臀部、足、かかとまで筋膜で覆われています。

筋膜は筋肉を包む膜のことで、筋膜には痛覚神経(痛みを伝える神経)が多くあり、その数は筋肉の約10倍あると言われています。そのため、筋膜に異常が発生すると痛みを感じるのです。例えば、体のどこか一部分だけの筋膜が歪みたり、こり固まったりすると筋膜のつながりから、他の部位まで痛みやコリを生じやすくなると考えられています。

この筋膜は柔らかい組織なので、委縮・癒着(ゆちゃく:からまる、くっついてしまうこと)しやすい特徴があります。この筋膜の委縮や癒着が時にコリや痛みを招き、筋肉の柔軟性を損なう原因になります。

筋膜自身はコラーゲンでできており、85%が水分です。水分の枯渇やストレス、同じ姿勢での長時間作業(パソコンやデスクワークなど)、筋肉の柔軟性の低下などにより、筋膜同士が癒着してしまい、筋肉自体の動きを阻害してしまいます。


3.お顔のたるみは頭のコリ🫢


顔たるみは筋肉のたるみから生じています。顔の表情筋は、帽状腱膜にぶら下がるように付いており、さらに帽状腱膜は脊柱起立筋やハムストリング、そして、最終的には足の筋肉につながっています。特に猫背の人は、ハムストリング、脊柱起立筋もゆるんでおり、それとつながる額の筋肉もゆるみ、ぶら下がる表情筋も弛緩して顔がたるみます。

また、リフトアップで顔が引き締まるのは、皮膚そのものがリフトアップするのではなく、頭蓋骨に皮膚がきちんと張り付いている状態になるからです。顔のマッサージで直接無理に持ち上げようとしても、余った皮膚は何れ落ちて、たるみになってしまいます。肌そのものを上げるのではなく、頭の筋肉を意識する必要があります。

頭と顔は筋肉や筋膜でつながっているので、頭がこると顔の筋肉を引き上げる力が弱くなり、たるみやシワなどを引き起こしてしまいます。ヘッドマッサージをすることで、筋膜と頭蓋骨の癒着を解消することができます。癒着を解消できると頭皮もやわらかくなり、前頭筋や側頭筋が引き上がることでリフトアップにつながります。顔のマッサージをするよりも、ヘッドマッサージをする方が効率よくリフトアップができるというわけです。


4.頭の凝りはプロにおまかせ✨✨


ヘッドマッサージが大切とは言っても中々

自分では、難しいですよね🤔

そんな時は、プロにお任せしてはいかがでしょうか?


卵サロンの8月の新コースは

ヘッドマッサージが充実しております‼️✨

ヘッドマッサージ機とハンドでゆっくりとほぐす様にマッサージします。

あまりの気持ち良さに寝てしまう方がほとんどです!

是非一度お試しください。

皆さまのご予約お待ち申し上げております。




閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示