検索
  • 石川愛

カッピングでスッキリな体を取り戻そう!

慢性的な肩こりや腰痛、浮腫や冷えの症状・・・。もしかしたら筋膜の癒着からくるものかもしれません🤔


こんにちは🙋‍♀️

恵比寿からだとこころ卵サロンの石川です。

今回は肩こりや浮腫の改善に効果的なカッピングについてです😊

カッピングってなんだろう?筋膜の癒着とは?

お話ししていきます✨


目次

1、カッピングって何?

2、カッピングの特徴と効果

3、筋膜の癒着ってどういう事?

4、オイルマッサージとカッピングの組み合わせ


1、カッピングってなに?


カッピングとはマッサージや指圧等の「押す」手法ではなく、真空状態にしたガラスやシリコン、プラスチックのカップを皮膚に密着させて、筋膜の癒着を吸い上げて剥がしていく手法です。

元々中国の伝統的な民間療法のひとつで、密着させたカップの陰圧を利用して、瘀血(おけつ)というドロドロとした血液の滞りを吸引し、血液循環の改善を図る療法。血液の巡りを良くすることで、肩こり・腰痛・浮腫・冷えを改善させていきます。





2、カッピングの特徴と効果


「押す」よりも「引く」事が特徴のカッピング。多くの治療法が外側から内側に向かってアプローチをするものに対し、カッピングは皮膚や筋膜を外側へ向けて吸い上げていきます。筋膜が癒着をしているところは吸引をすることでスペースができ、カップを揺らしたりスライドさせる事で癒着を剥がす事ができます。

また滞っていた老廃物や疲労物質は表面上に浮上します。体外に排出させることで血行も良くなり浮腫や冷えの改善に繋がるのです!






3、筋膜の癒着とはどんな状態?


まず筋膜とは?ですが、

皮膚と筋肉を包み込んでいる膜の事で、全身タイツのような膜が頭のてっぺんからつま先まで1枚で繋がっています。

元々柔らかい筋膜は、同じ動作の繰り返しや長時間負荷のかかる姿勢により、筋膜と筋肉がくっついて凝り固まり張りついてしまいます。これが凝りの原因で癒着といいます。

・一日中のデスクワーク

・子育て中の抱っこ

・普段の何気ない姿勢での癖

・脚組みや片手のみでの荷物を持つ習慣    などなど

思い当たるものはありませんか?


4、オイルマッサージとカッピングの組み合わせ


運動やストレッチ、ご自身でセルフケアもしているけど

なかなか改善されない…と思ったら、是非カッピングをオススメいたします✨

ここで紹介するのはオイルを使った「スライドカッピング」という技法です🙋‍♀️




オイルが滑走剤になりカップを吸引しながらスライドさせていく施術です。凝っている場所や浮腫を広範囲に動かす事ができます。また、吸引状態を持続させながらその場に留めておくカッピングより跡が残りにくいという特徴があります。

カッピングは皮膚や筋肉を吸引していくので、どうしても跡が残ります。東洋医学ではこれを瘀血(おけつ)と呼び、濃い跡が残る程悪い老廃物が溜まっている証。色素反応は健康状態を表すバロメーターになっています。

付いてしまった後は個人差もありますが、1、2週間程で消えていきますので心配なさらないで下さいね☺️


オイルマッサージとカッピングの両方を取り入れる事により、「押す」施術と「引く」施術が組み合わさり、より大きなマッサージ効果が得られると考えております。

スライドカッピングにより筋膜を剥がして、スッキリした軽い体を作りませんか?✨





閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示