検索
  • 畠中美希

おすすめのツボ「喉がいがらっぽい時に」

更新日:2月14日

今日は、

・のどがいがらっぽい

・唾を飲み込むときに違和感があるなど

のどの違和感がある時におすすめのツボをご紹介します!!



寒い季節⛄️

「のど」に違和感を覚える方もいらっしゃるのではないでしょうか?



その原因は・・・、

「寒さ」と「乾燥」



のどには

外から入ってきた埃やウイルス、花粉をキャッチして

外に運び出すガードマン💪‼️

「線毛」があります👆



人は1日に約2万回の呼吸しており

空気中のいろんな異物が入るわけですが

この「線毛」の活躍のお陰で

のどの健康は守られていいます✨



しかし‼️この「線毛」弱点があります👆

それが

「寒さ」と「乾燥」❄️



寒さや乾燥で「線毛」の働きが鈍くなると

のどの防衛機能が低下😩💧



吸い込んだ空気中の異物を外に排出できず

炎症が起きやすくなり

・のどがいがらっぽい

・唾を飲み込むときに違和感があるなど

のどの症状が出現!!



(「寒さ」や「乾燥」以外にも

声を出し続けたり、タバコや煙などの影響もあります。)



そんな、のどの症状にオススメのツボが

「少商」

場所は、親指の爪の端。





ここを痛気持ちいいくらいの強さで刺激。

指を挟んでもいいですし

爪楊枝やボールペンの先で刺激しても◎



のどに違和感がある方は痛く感じやすいので

最初は、控えめに押してみてください。



そして、ツボ押しとともに

のどのガードマン「線毛」にいい環境を✨

マフラーなどでのどを「寒さ」から守り

加湿して「乾燥」を防ぐ🤗



もうしばらく、「寒さ」と「乾燥」が続きそうですが

ケアしながら健やかに過ごしていきましょう♪


恵比寿鍼灸 恵比寿アロママッサージ 恵比寿リンパマッサージ 恵比寿アロマスクール 恵比寿マッサージスクール


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示