top of page
検索
  • 畠中美希

曲の選択

昨日に引き続き、『セラピストのための心理学コース』の話。



粘土を使って自己表現をする造形療法は、芸術療法の1つ。芸術療法は他に、絵画療法(アートセラピー)、箱庭療法、コラージュ療法、音楽療法などがあります。



説明で興味深かったのが、「音楽療法」。

カウンセリングとして、改まってではなくても、普段自分が好んで聞いている音楽は「自分のこころの状態、エネルギー値に合った曲を聞く」のだそう。



私は流行りに疎いので、だいたい聞く曲は決まっています。「THE BLUE HEARTS 」は十数年来変わらず聞いていて、鼻歌でもよく歌います。最近は、松原さんの影響で「葉加瀬太郎」さんをよく聞いています。何だか、楽しそうな雰囲気と周りを巻き込んでいる感じが好きです。



何気なく選んでいる曲。言葉ではない自己表現。今現在、よく耳にする曲がどんなものなのかを思い浮かべると、無意識の中にある自分の感情や自分にとってのキーワードに気づくことができるかもしれませんね。





閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【朝マッサージの効果を最大限に!】空腹時の施術で理想的な回復力アップ

【朝マッサージの効果を最大限に!】空腹時の施術で理想的な回復力アップ 記事本文 毎朝マッサージに通う人も多いかもしれません。実は朝一番の空腹時にマッサージを受けると、体の回復とデトックス効果が最大限に高まるのです。 ■朝マッサージの利点1. 体が空腹な状態で施術を受けられる 食事をすると消化器官に血流が集中し、体の他の部分への血流が低下します。朝マッサージなら夜から空腹を保っているため、血流を体の

手術や体への治療、回復術は朝行うのと夜行うのはどちらがいいですか?

手術や体への治療、回復術を朝に行うか夜に行うかについては、状況や個人の健康状態、治療の種類によって異なります。ただし、一部の研究では、生体リズム(体内時計)が手術の結果に影響を与える可能性があることを示唆しています。以下に、朝と夜の手術や治療の考えられる利点を挙げますが、これらは一般的な傾向であり、必ずしも全ての状況に当てはまるわけではありません。 朝に行う利点: 生体リズム: 人間の体は朝に活動

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page