検索
  • 松原 麻実

食べたものが身体を作る!

みなさん、こんにちは!

恵比寿からだとこころ まつはらです!


今日は本のご紹介です!


「きちんとわかる栄養学 飯田薫子監修、寺本あい監修」


普段あまりこういうタイプの本は読まないのですが、手にとってみてめちゃくちゃ面白い!し、わかりやすい✨ということで(あとは、インスタとかでもみなさんと共有できそうな基礎知識がたくさんあったので)購入しました!



第1章 栄養学の基本の「き」

第2章 栄養学の最新情報

第3章 栄養素の働き

第4章 症状別栄養素のとり方

第5章 食品の栄養成分と作用


という流れで構成されております!



マンガ形式で楽しく読めたり、イラストが多めでわかりやすかったり、所々出てくる猫が豆知識を教えてくれたり!笑

オススメの料理などもあり、とにかく難しい話を簡単にわかりやすく書いてくれているので、私は大変勉強になりました!


みなさんは、普段どんな食事をされていますか?


忙しい方だと手軽に済ませられるもの(ゼリー状の栄養食)だったり、単食傾向(パンやおにぎりなど)にあったり、特定の栄養(例えばタンパク質だけの食事とか)だけ、という方も多いなあ、と普段お客様とお話していて感じます。



勉強不足でもあるかもしれませんが、個人的には、どれかだけを食べるってなんか違う気がしていて、これを食べると健康になる!という話には全く興味がない人間でした。


さらに、先日お客様が、

「〇〇を食べると良い、という話をよく聴くし、そういう話があるとその商品が急に品切れとかになったりするけど、本当は、何を摂るか(食べるか)より、何を摂らないか(食べないか)だよね」

とおっしゃっていて、激しく同感しました。


栄養バランスを考えて食事を作る

ということができなくても、からだに負担のかかる食事を控えたり、偏った摂り方を見直すだけで、きっと体は自然と健康に向かっていくのではないかなと。


しかし、その見直すための基礎知識がなければ、見直すこともできませんよね。


この本を読んでいくうちに、ふむふむ、そういうことか。と食べ物や栄養に関してなんとなく理解していたことも、とても明確に理解できました!


食べたものが身体を作ります!

もし興味がある方は、是非読んでみてください〜☺️



16回の閲覧0件のコメント