top of page
検索
  • 松原 麻実

鍼をした後に赤い点が残っています。大丈夫でしょうか?

更新日:2022年2月14日

鍼をした後に赤い点が残っています。大丈夫でしょうか?


鍼の後に赤くプツっとした湿疹や出血跡のような点が現れることがあります。 赤い点は施術後すぐに消えることが多いのですが、2~3日程度、ごく稀に1~2週間ほど残る方もいらっしゃいます。

これは、①身体の好転反応と、②鍼を皮下に刺すことによる毛細血管の出血のいずれかが考えられます。


①身体の好転反応によるもの 鍼灸施術で身体の修復機能や免疫力が高まると、鍼を打ったところに赤みを伴った発疹や痒みが現れる場合があります。これは東洋医学で瞑眩(めんげん)と呼ばれる好転反応のひとつですが、時間の経過とともに赤みも落ち着いていきます。


②鍼を刺すことによる毛細血管の出血 鍼を刺した部位の毛細血管が出血し、一定期間残ることがあります。殆どの方は2~3日以内に消えますが、長い方ですと消えるまで1~2週間程度かかる場合があります。ご心配な際は、いつでもお問い合わせください。



恵比寿鍼灸 恵比寿鍼灸サロン 恵比寿美容ばり 恵比寿アロマトリートメント 恵比寿リンパマッサージ 恵比寿マッサージスクール 恵比寿アロマスクール 恵比寿カウンセリング​ 

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

頭脳労働者向けの特別なマッサージ技法:睡眠の質を向上させる方法

現代社会において、多くの人々が頭脳労働に従事しています。デスクワークやコンピューター作業が日常の一部となり、長時間の集中が求められるため、肉体的な疲労だけでなく、精神的な疲労も蓄積しやすくなっています。このような状況下で、睡眠の質を向上させることは非常に重要です。そこで、特に頭脳労働者に向けた特別なマッサージ技法が注目されています。本記事では、睡眠とマッサージの関係に焦点を当て、頭脳労働者向けのマ

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page