検索
  • 畠中美希

純粋な好奇心

『子供の根っこには、  純粋な好奇心に突き動かされている  ということがありますね。


 社会人も  純粋な好奇心に突き動かされるものがあれば  いいんじゃないかと思うんです。


 正論や「べき論」ではなく、  好きだとか惹かれるとか、  そういうことをベースに  仕事を組み立てていったほうがいい。』

樋口景一さんの言葉(電通 エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター)




『クリエイティブな仕事はどこにある?』廣済堂出版(←2人の飾らないことば、様々な見方がとても興味深い一冊)


この言葉を見た時、 身近にいる2人が思い浮かびました。

松原さんと星野さん。2人とも「好き」と「好奇心」に満ち溢れていてます。

とにかく、話が尽きない。


仕事が大好きで、好奇心が旺盛な2人。

街で見かけた小さなできことをここで転用できないか考えたり

何か工夫はできないかと考え形にしたり、

常に「なぜ?」を繰り返したり。


だから、いつも楽しそう。

そんな2人と共に過ごしていると、ちょっとずつ好奇心の根が深くなっている。そんな気がします。


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示