検索
  • 畠中美希

百果ノ王様

「果物の王様」といえば、あのイガイガの皮が特徴の”ドリアン”。

見た目も、匂いも味も随分とパンチの効いた果物です。



しかし、その昔「百果ノ王様」と言われていたのは”りんご”。

見た目も、匂いも味もやや控えめ。



ですが、その効能は



生津潤肺:唾液などの粘液の分泌を促し、肺の機能を回復

清熱除煩:熱を収め、イライラを解消

開胃醒酒:食欲を促し、二日酔いを解消



体を養い、色も香りもよく、陰陽のバランスの取れた果物。



りんごに含まれる成分を見ても、



疲労回復や風邪に対する抵抗力を高める”クエン酸”。

腸内の老廃物を取り込んで体外に排出する”ペクチン”。

お茶のカテキンよりも抗酸化作用の高い”エピカテキン”。

(”エピカテキン”は皮に多く含まれる)



さらに、世界の昔話を見ても



アダムとイブの話や白雪姫、

アラビアンナイト「空飛ぶジュータン」では、どんな病気でも治すりんごが登場。

他にも、イギリスやアイスランド、チェコスロバキアやデンマークの童話にもりんごがストーリーの鍵を握っています。



童話の登場頻度としては、トップを維持しているのではないでしょうか。



今の時期スーパーに行くと、イチゴやミカンの鮮やかな色の果物の隣で

りんごがやや控えめに陳列。


体調がすぐれない時は「百果ノ王」を手にとってみてはいかがでしょうか。











10回の閲覧0件のコメント