検索
  • 畠中美希

楊貴妃の常備食

世界三大美女の1人、楊貴妃。

彼女が1日3粒食べていたものがあります。

それが「ナツメ」






「ナツメ」という名前ですが

夏にならないと新芽が出ないため

「ナツメ」と名付けられたそうです。



その働きは

補中益気:胃腸などの機能を丈夫にさせ元気をつける。

養血安神:血を豊かにし、精神を安定させる

とされており、



疲れやすい方、

よくお腹が痛くなったり、胃が痛くなるなど、

胃腸の調子が悪い方

貧血気味の方、

眠りが浅い方、

気持ちが落ち着かない方、

におすすめです。



特に、女性は生理中、妊娠中、産後や更年期に

食べると良いとされております。



含まれている成分は、



貧血予防の「鉄分」

炭水化物などの栄養素をエネルギーに変えたり、

善玉コレステロールを増やしたりする「パントテン酸」(ビタミンB群の1種)

赤血球を作ったり遺伝子の合成に必要な「葉酸」

余分な脂肪の蓄積を抑える「サポニン」

丈夫な骨と歯に必要な「カルシウム」

など、この小さな実の中に栄養分がたくさん入っております。



このナツメを毎日食べていた楊貴妃が

世界3大美女と言われていたのも頷けます。

(これだけではないと思いますが。)



甘みのなかにほんのりと酸味を感じます。

お茶と共にぜひどうぞ。













6回の閲覧0件のコメント