top of page
検索
  • 畠中美希

口内炎には〇〇!!

こんにちは。恵比寿からだとこころの畠中です。


数週間前、口の中を火傷し、しばらく口内炎様の痛みと戦っておりました。

口内炎、治ればその痛みは忘れますが

なっている時は本当に辛い!


水を飲むのも、

唾を飲むのも、

もちろん、食べ物を食べるのも

口を開くだけでも

“痛い”。


“痛み”は生きる上で、

危険回避のための大事な感覚なのですが、

できれば痛みのない生活に越したことはないと

つくづく思いました。


そんな、口の中の痛みと戦っていた私ですが

「あるもの」を摂ると

翌日には口の中のただれの範囲が小さくなっており

それに伴って、痛みも減少。

さらに、ただれにも滲みないし

甘さが痛みのストレスを緩和させてくれます。


あるものとは


“はちみつ”


炎症を抑えてくれるはちみつを

くまのプーさんのごとく舐めていたら

翌日には痛み軽減。


水も飲めるし

食べ物も食べれる!!


幸っ!!

普通に食べ物を食べることがこんなに幸せなのだと

当たり前に感謝。


口内炎に「はちみつ」

我が身を持ってオススメです。


恵比寿からだとこころInstagram↓  鍼やアロマやからここ情報投稿


恵比寿からだとこころInstagram裏アカウント↓  クスリと笑えるネタを気まぐれに投稿


毎週日曜日 21:00〜21:30 『からだとこころの”ためにになる”』インスタライヴ配信





閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【朝マッサージの効果を最大限に!】空腹時の施術で理想的な回復力アップ

【朝マッサージの効果を最大限に!】空腹時の施術で理想的な回復力アップ 記事本文 毎朝マッサージに通う人も多いかもしれません。実は朝一番の空腹時にマッサージを受けると、体の回復とデトックス効果が最大限に高まるのです。 ■朝マッサージの利点1. 体が空腹な状態で施術を受けられる 食事をすると消化器官に血流が集中し、体の他の部分への血流が低下します。朝マッサージなら夜から空腹を保っているため、血流を体の

手術や体への治療、回復術は朝行うのと夜行うのはどちらがいいですか?

手術や体への治療、回復術を朝に行うか夜に行うかについては、状況や個人の健康状態、治療の種類によって異なります。ただし、一部の研究では、生体リズム(体内時計)が手術の結果に影響を与える可能性があることを示唆しています。以下に、朝と夜の手術や治療の考えられる利点を挙げますが、これらは一般的な傾向であり、必ずしも全ての状況に当てはまるわけではありません。 朝に行う利点: 生体リズム: 人間の体は朝に活動

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page