top of page
  • 松原 麻実

メンタル格差について

カウンセラー・メンタルコーチの恩恵を受ける人々


美香さんは大手広告代理店で働いています。毎日の忙しさとプレッシャーで心身ともに疲れ果てていました。そんな時、友人の勧めでカウンセラー・メンタルコーチとのセッションを始めました。最初は半信半疑でしたが、定期的なセッションを重ねるうちに、自分の心の声を聞くことができるようになり、ストレスの対処法も身につけました。結果、仕事のパフォーマンスも向上し、何より笑顔が増えました。「カウンセラー・メンタルコーチのおかげで、自分らしさを取り戻せた」と美香さんは感謝の意を表します。


メンタル格差の現実


一方で、同じ職場にいる田中さんは、カウンセラー・メンタルコーチを利用する余裕がありません。彼は家族を養うため、二つの仕事を掛け持ちしています。時間もお金も余裕がないため、ストレスを溜め込むばかりです。ある日、過労で倒れてしまい、長期休暇を取ることになりました。「誰にも相談できなかった。自分だけが孤独に戦っているような気がした」と田中さんは振り返ります。


カウンセラー・メンタルコーチの効果とその限界


カウンセラー・メンタルコーチを持つことで、精神面の安定を図ることができるのは確かです。しかし、これらのサービスを利用できるのは、時間とお金に余裕がある人々に限られます。つまり、カウンセラー・メンタルコーチを持つことができる人=経済的に余裕がある人、という図式が成り立ちます。これにより、経済的に余裕のある人だけがメンタルケアの恩恵を受けられる状況が生まれ、格差が広がってしまいます。


メンタル格差をなくすために


全ての人が精神的に健康であるためには、メンタルケアが特定の人々の特権ではなく、誰でもアクセスできるものでなければなりません。公共の場での無料カウンセリングや企業内でのメンタルヘルスサポートの充実などが求められます。例えば、某企業では社内にメンタルヘルスサポートチームを設け、社員全員が定期的にカウンセリングを受けることができるようになっています。これにより、ストレスを抱えたまま働く社員の数が減り、職場全体の雰囲気も良くなりました。


まとめ


メンタル格差は、経済的な格差と密接に関連しています。カウンセラー・メンタルコーチを利用することで精神的な安定を得ることができる一方で、それを利用できるのは一部の人々に限られます。全ての人が精神的に健康であるためには、社会全体でのサポート体制の充実が不可欠です。どんな環境にいる人でも、安心してメンタルケアを受けられる社会を目指しましょう。

閲覧数:6回0件のコメント

Kommentare


記事: Blog2_Post
bottom of page