top of page
  • 朝日美佐子

マッサージの適度な強さ加減とは?

更新日:6月4日




こんにちは!

恵比寿からだとこころの朝日です😊


今回は強めのマッサージは身体に良いのか、悪いのかについてのお話しです。


『恵比寿からだとこころ』では強めの刺激はいたしません


みなさんは、マッサージの強さはどれくらいがお好みでしょうか?


優しめの圧、強めの圧、それぞれ好みは違うと思います。


当店はオイルマッサージなので、優しめの圧で施術をおこなっております!



目次

1.強めの刺激を好む理由とは?

2.強い刺激を受けるとどうなるの?

3.筋肉がほぐれやすいマッサージの強さとは?

4.もみ返しはなぜ起きるの?

5.どうしても強い刺激じゃないと満足できない!そんな時は…


1.強めの刺激を好む理由とは?

時々お客様の中には、強めの刺激を好まれる方もいらっしゃいます。


強い刺激を好む方は、強いマッサージを受け過ぎて感覚が鈍くなっている場合や、

関連痛』と言って、その場所に痛みが出ているだけであって、

本来痛みの原因になっている筋肉が他にある場合もあります。


その人によっては、一度でも強い刺激で不調が改善したことがある方や、

常にだるさや鈍痛を感じていて、強い刺激を感じることで

そのだるさや鈍痛を感じなくて済むように、強い刺激を求める方もいらっしゃいます。


2.強い刺激を受けるとどうなるの?

強めの刺激を一定期間受け続けることによって、

脳が"強い刺激に耐えられるようにしなければ!"と勘違いしてしまい、

筋肉がどんどん硬くなっていき、さらに強い刺激を求めるようになると言われています😣


強めの刺激は満足感がありますが、受け続けると

筋繊維の損傷や破壊、それによる炎症反応、交感神経の緊張による痛みなどの

変化が現れます。


このように、強めの刺激は身体に負担がかかるため、

お客様のお身体のことを思うとオススメできません。


3.筋肉がほぐれやすいマッサージの強さとは?

皆さんは、筋肉がほぐれる一番効果的なマッサージの圧をご存知でしょうか?

だいたい、6〜7割ほどの圧の痛気持ち良さがちょうど良いと言われています!


それ以上強過ぎてしまうと、筋繊維が壊れてしまい、揉み返しになる可能性があります。


4.揉み返しはなぜ起きるの?

揉み返しは、身体の組織が傷ついて炎症が起きている状態で、

さらに強い刺激を加えることにより、炎症が起きている部分が正常な修復ではなく、

柔軟性がなく硬い繊維化した組織として修復されています。


その状態になってしまうと、筋肉の本来の機能が果たせず、

常に痛くてだるい状態になってしまう可能性があります。


そして、一度破壊されてしまった筋繊維は、なかなか元に戻ることができません。


優しめの刺激ですと、物足りなく感じてしまい強い、つい刺激を求めてしまいますが、

『気持ち良い&リラックスしたい!』という事と、『症状を改善したい!』という事は

分けて考えておくのが良いかもしれません。


5.どうしても強めの刺激じゃないと満足できない!そんな時は…

凝りがひどい方は、マッサージを受ける他にも運動やストレッチ、入浴などをすると

血流を良くなり、身体が緩みやすくなるのでオススメです!


また、当店ではオイルマッサージと鍼灸治療を組み合わせた施術をおこなっております。


オイルマッサージだけでは満足できない!というお客様は、

同時に鍼灸治療もぜひお試しくださいませ(^^) 







閲覧数:35回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page