top of page
検索
  • 畠中美希

タイプ別の養生2

タイプ別の養生2


今回は、

3.肝陽亢進

4.気滞うっ血

の養生法について。




3.肝陽亢進



東洋医学の考えでは「気」が身体全体を巡っている状態が良い状態とされます。そして、この「気」の巡りを調節しているのが「肝」。


「肝」はストレスなどを緩衝する働きがあるのですが、過度なストレスや怒りすぎ、過労などで、肝に熱がこもり興奮状態に。怒りすぎは身体に余分な熱がこもり、身体を傷付けてしまいます。(機能低下という意味で)


そして、「肝」の働きである「気」を巡らす働きが低下し常に気が上に上っている状態。よって、いつもイライラして怒りっぽく、顔が赤くなります。


臓腑を滋養する気血の巡りが悪くなるため、便秘や下痢を繰り返します。


そして、春の気候は天気や気温などの移り変わりが激しく「肝」が影響を受けやすい季節。肝陽亢進に当てはまらない方も、参考にしてみてください。



養生↓

・リラックス。散歩や趣味をして気分転換。

・高カロリーのものは、香辛料が使っている食事はこもった熱を高めてしまうので控えめに。精進料理や小食がベスト。

・「酸味」の食べ物は、気血の巡りをよくするので毎日少しずつ摂るとよいです。


4.気滞うっ血


字のごとく、気が滞り、血の巡り悪い状態。気は血の流れをサポートするので、気が滞ると血の巡りも悪くなります。そして、血の巡りが悪くなると気の巡りも悪くなるので、もう悪循環です。


性質として、繊細で神経質、気持ちが不安定、クヨクヨしやすい傾向にあります。


気の滞りは、イライラ、胸や脇の張り、腹痛や食欲不振、お腹の張り、偏頭痛、を引き起こします。


血の巡りが悪い「うっ血」は、肌や爪が荒れる、あちこちが針を刺すように痛い、生理不順、生理痛、手足の冷えを引き起こします。


養生↓

・ストレス発散。気の巡りをよくする。散歩等環境を変えてあげるのも良いです。

・少しのお酒やお風呂。気血の流れをよくするため。

・軽い運動。血の巡りをよくします。



明日は、5.陰虚、6.陽虚の養生法についてお伝えいたします。

ここまでお読みくださりありがとうございました😊



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【朝マッサージの効果を最大限に!】空腹時の施術で理想的な回復力アップ

【朝マッサージの効果を最大限に!】空腹時の施術で理想的な回復力アップ 記事本文 毎朝マッサージに通う人も多いかもしれません。実は朝一番の空腹時にマッサージを受けると、体の回復とデトックス効果が最大限に高まるのです。 ■朝マッサージの利点1. 体が空腹な状態で施術を受けられる 食事をすると消化器官に血流が集中し、体の他の部分への血流が低下します。朝マッサージなら夜から空腹を保っているため、血流を体の

手術や体への治療、回復術は朝行うのと夜行うのはどちらがいいですか?

手術や体への治療、回復術を朝に行うか夜に行うかについては、状況や個人の健康状態、治療の種類によって異なります。ただし、一部の研究では、生体リズム(体内時計)が手術の結果に影響を与える可能性があることを示唆しています。以下に、朝と夜の手術や治療の考えられる利点を挙げますが、これらは一般的な傾向であり、必ずしも全ての状況に当てはまるわけではありません。 朝に行う利点: 生体リズム: 人間の体は朝に活動

留言


記事: Blog2_Post
bottom of page