検索
  • 松原 麻実

からだとこころの健康学

更新日:3月21日

みなさん、こんにちは!


恵比寿からだとこころ まつはらです!


NHK出版の学びのきほん「からだとこころの健康学 稲葉俊郎著」をご存知でしょうか。



こんなにわかりやすく簡潔に、身体のこと、心のこと、そしてからだとこころの健康に関わる思考のクセや考え方のクセ、物事の見方や捉え方などについて説明してくださる本が他にあるだろうか、、と感動した一冊です。



この本は、「健康」の捉え方を根本から問いかけ直してくれています。



みなさんにとって、「病気」とはどのような状態ですか?


みなさんにとって、「健康」とはどのような状態ですか?



多くの人が「病気」を中心に「健康であるかどうか」を決めているのではないかと思います。

病血液検査の結果や健康診断の結果といった、数字に表れるもので自分の健康具合を測ってはいませんか?


一つの目安として使うのは良いですが、「病気であるかどうか」を基準に健康を考えると、すべての人にとって「病気がない=健康である」ということになるのです。



しかし、本当にそうでしょうか。



病気ではないけれど、なんとなく体がだるいことが続いている、、、

病気ではないけれど、背中が痛くて息苦しい、、、

病気ではないけれど、胃がムカムカして食欲がない、、、

異常はないけれど、急に心臓がドキドキとして不安になる、、、などなど

私は実際に、病気ではないけれど辛い思いをされている方と関わる機会が多いので、どうしても「病気ではない=健康である」とは思えなかったのです。



稲葉先生の本は、

「こころと身体の状態が調和しているかどうか」

を中心に考えることで見える自分らしさと、健康に対する考え方を根本から捉え直す機会を与えてくれているように感じます。



本当は一人一人に「健康」のカタチがある!



恵比寿からだとこころのコンセプトの最も大切にしているところが、稲葉先生の本には書かれているのです。(←最も大事なところを人任せにしていいのか!というツッコミは受け付けません✋)

私が下手に説明するよりも、こちらの本を一冊読んでいただけた方がよっぽど伝わると確信しています。(、、、おい、しっかりしろ!と自分に言いたい👊)




鍼灸、アロマセラピー、心理カウンセリング、心理学などの講座を通して、

お一人お一人が「健康であるということは、どういうことを指すのか」を考える場となり、その方にとっての健康へ至る道標を、共に探していくパートナーとなっていけたらと思っています。


難しいことはできませんが、まずは

“ここにいるだけで心と体が満たされ元気になる”

というような優しさと心地よさのあるお店を目指します!



興味がある方は、ぜひ読んでみてください!(ぜひに!!!!←押しが強め笑)



⭐︎【恵比寿からだとこころ】は3つの専門的な領域を扱うサロンです。

からだもこころもふわっと軽く気持ちの良い毎日を♪

・治療室Qiroomキルム<鍼灸&アロマセラピートリートメント>

・こころカウンセリングルーム

・セラピストのためのプロフェッショナルスクール


16回の閲覧0件のコメント