top of page
検索
  • 松原 麻実

お客様の愛情⭐︎

更新日:2021年3月11日

お店をオープンするにあたり、どんなお店にしたいのか、を考えることはとってもおもしろくて、イメージするだけでとてもワクワクしました。(今でも、、ですが😆)


お客様がこのお店で何を体験できるのか、お客様はどんなことを望んでいるのか、など考えていくとキリがなく、それを現実的に実現できるのかも含めて、とりあえず可能な限りでの私たちのこだわりが詰まったお店が出来ました!(←自己満足にならないようにしなければ、、というのはあるのですが😅)



こだわりポイントの中でも、お客様に触れるものは、絶対こうしたい!という思いがあって、

オーガニックのフワッとしたタオルを使ったり、

紙ショーツもゴワつかなくて締め付けのないものを選んだり、

オイルもオーガニックのホホバとアルガンをブレンドしたキャリアオイルを使ったり、

精油(アロマ)も日本一!と確信しているアロマティークオーガニクスさんの精油を使ったり、

最後にお出しするお茶も、店内の生花も、

きっと意識にも上って来ないかもしれないけれど、

ここで過ごす時間が五感を解放し、からだとこころに優しく働きかけるものを使っていけたらと思っていたのでした。



しかし、そんな私の思いとは裏腹に、、、この1ヶ月お客様とのおもしろやりとりがありました。


お客様A「この紙ショーツ、普段と違う!」(松原の心の中:わあ、気付いてくれた!嬉しい!)


お客様A「これ1時間とか、2時間とか、少ししか履かないんだから、こんな良いの使わなくても良いのよ!」

(松原心の中:少しですが、心地よく施術を受けてもらいたくて、、、)


お客様A「無くなったら困るんだからね!コストはできるだけカットよ!(無くなったらとは、お店が潰れたら、という意味)」

(松原:はい!頑張ります!  心の中:なんて優しさに溢れた言葉!ジーン。)




お客様B「このタオルふかふかだね!」

(松原心の中:わあ、気付いてくれた!嬉しい!

そうなんです!絶対、フワッと包まれるようなタオルにしよう!って決めていたんです!

寝ているだけで体が緩むような気がして、、)


お客様B「人って、ランクが上がった時はあまり気が付かないけれど、下がった時はよく気がつくものだから、気をつけてね!」


(松原心の中:なるほど!確かに!!)

はい!覚えておきます!頑張ります!



お客様C「お花きれいだね!なんかお花があるだけで、癒されるね!」

(松原心の中:わあ、喜んでくださってる、嬉しい!)


お客様C「お花ってお客さんが来る日でも、来ない日でも、関係なく枯れていくし、生ものだから、コストかかるしいつの間にか置かなくなるお店多いよね。ほら、だから枯れない植物とか飾っているお店多いでしょ。」


(松原 確かに!)


お客様C「でもお花が無くなっても、お店が続く方が大事よ!」


(松原 はい!頑張ります!!!  心の中:こんなことまで考えてくださって、ありがたいなあ。。)



出来立てホヤホヤの「恵比寿からだとこころ」ですが、こんなふうに我がことのように気にかけて見守ってくださるお客様がいるのです!😭



クレームというわけでは全くなくて、

とにかく無くならないように!ということを気にかけてくださっている。。😅



本当にありがたくて、頑張らなくちゃ!と思わせてくれます。笑




いつか、全然大丈夫だったね、と心から安心していただけるように。


これからも変わらずにご来店いただけるよう日々全力で励んでまいります!




閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【朝マッサージの効果を最大限に!】空腹時の施術で理想的な回復力アップ

【朝マッサージの効果を最大限に!】空腹時の施術で理想的な回復力アップ 記事本文 毎朝マッサージに通う人も多いかもしれません。実は朝一番の空腹時にマッサージを受けると、体の回復とデトックス効果が最大限に高まるのです。 ■朝マッサージの利点1. 体が空腹な状態で施術を受けられる 食事をすると消化器官に血流が集中し、体の他の部分への血流が低下します。朝マッサージなら夜から空腹を保っているため、血流を体の

手術や体への治療、回復術は朝行うのと夜行うのはどちらがいいですか?

手術や体への治療、回復術を朝に行うか夜に行うかについては、状況や個人の健康状態、治療の種類によって異なります。ただし、一部の研究では、生体リズム(体内時計)が手術の結果に影響を与える可能性があることを示唆しています。以下に、朝と夜の手術や治療の考えられる利点を挙げますが、これらは一般的な傾向であり、必ずしも全ての状況に当てはまるわけではありません。 朝に行う利点: 生体リズム: 人間の体は朝に活動

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page