IMG_4499_edited.jpg

プロフィール

こんにちは!

​恵比寿からだとこころの畠中美希(はたけなかみき)です!

皆さんの笑顔が見られるよう、心を込めて施術させていただきます!

​よろしくお願い申し上げます!

​◆略歴及び活動実績

〈所属団体〉
・全日本鍼灸学会会員
・(公社)日本アロマ環境協会会員 アロマテラピーインストラクター(2014年~)、アロマセラピスト(2017年~)
・災害鍼灸マッサージプロジェクト後方支援
・陸前高田鍼灸ボランティア プロジェクトさとわ副代表
・HIV/AIDS啓発団体 イルファー釧路会員


■略歴
2009年四国医療専門学校卒業、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師国家資格取得。
同年、兵庫県淡路市にある東浦平成病院リハビリテーション科鍼灸部門に鍼灸師あん摩マッサージ指圧師として4年間勤務。2013年2月退社。

2013年3月北海道釧路市(株)あんずカンパニーが経営する杏園堂鍼灸院およびアロマセラピースイートバジル(現 はりきゅうアロマあんずの種)にて鍼灸師兼アロマセラピストとして7年間勤務。2019年度からは副院長として務め2020年4月退社。(公社)日本アロマ環境協会の資格認定講師として資格取得スクールを多数開催。

2020年7月札幌・京都ラグジュアリーホテルスパでアロマセラピストとして7ヶ月間勤務。2021年1月退社。

2021年2月「恵比寿からだとこころ」に勤務。

■活動実績
2010年専門学校の恩師が毎年行なっているインドアディラバードスラム街にて鍼灸ボランティアに参加。
2011年東日本大震災時「災害鍼灸マッサージプロジェクト」に参加。宮城県岩沼市、南三陸町にて計3回鍼灸ボランティア従事。

2013年〜2019年陸前高田市にて無料鍼灸ボランティア治療「プロジェクトさとわ」に計4回従事。
2016年第66回(公社)全日本鍼灸学会学術大会北海道大会にて筆頭研究者として発表(演題:「 」)。
2016年NPO法人イルファー(HIV/AIDSの予防・啓発団体)主催のケニア共和国ナイロビプムワニ地区でのフリーメディカルキャンプに招待され、鍼灸師として参加。
2018年北海道胆振東部地震の際、武川町にて鍼灸マッサージボランティア、現地実態調査
2019年台風19号大雨豪雨災害 災害鍼灸マッサージプロジェクトのスタッフとして福島県いわき町にて活動。

「目の前の人が喜んでくれること」が喜び

学生時代の成績は万年通して「中」の「中」。運動もさして得意ではなく、手先が器用なわけでもなく、これといって突飛出たことのない平々凡々の私ですが、幼い時から「目の前の人が喜んでくれる」ことに喜びを感じておりました。

 

小学校低学年のとき、担任の先生を喜ばせたくて、粘土でオブジェを作って渡したことがあります。優しい先生は、笑顔で受け取ってくれましたが今考えるといきなり訳のわからないオブジェを手渡され困ったことかと(笑)

 

そんな、私の当時の夢は「ボランティアの人になる」。困った人の手助けをしている人がかっこよくて、こういう人になりたいな〜と浅はかながら思い描いておりました。

鍼灸を知ったきっかけは「T V番組」

現在、鍼灸師の私ですが、正直、高校二年生まで「鍼灸」の存在をよく知らないまま過ごしていました。高2のある日、『動物奇想天外』という動物をテーマにした番組を何気なく見ていたら、立てなくなったアフリカ像が鍼で立てるようになったというドキュメンタリーが流れていました。その時に、初めて「鍼」の存在を知り、これだっ!!というアンテナが立ち鍼灸師になろうと決意。

 

撮影されていた場所は、アフリカ。鍼灸はどんな時でもどんな場所でも、役に立つことができる。それがこの道を歩むきっかけでした。

被災地支援」と私

幼少期からある「ボランティアの人になる」は大人になっても消えてはおらず、これまで様々なボランティア活動をしてきました。

 

何を持ってボランティアなのかは個人個人で違うと思いますが、私は、自分ができる時にできることをやって、直接的ではなくても結果として笑顔が増えることだと思っています。

 

東日本大震災以降、被災地に赴く機会が多々あり、時には瓦礫撤去、時には側溝掃除、時には農家さんのお手伝い、そして時には鍼灸師。瓦礫撤去で赴いた時も、話の流れから「職業は鍼灸師なんです」と言うと、「こっちはいいから(瓦礫撤去)マッサージをしてあげて、みんな疲れているから」と、地元の方が場所を確保してくださり、急遽あんま施術をすることもありました。手を触れただけで「気持ちいいわ〜」と言う声を聞くと、この仕事を通してできることの可能性は無限大だなと感じます。

 

それと同時に、“心”の壁にもぶち当たります。私自身、被災者になった経験がないため

「〇〇なんじゃないか」「どんな言葉をかけたらいいのだろう」など目に見えない心の部分には正直、苦手意識があり言葉に詰まることもありました。目の前にいる1人1人に合った接し方ができたら、笑顔がもっと増える、そう感じております。それは、普段の施術の時も同じで、“心”について知る必要を感じ、現在当サロン内併設「セラピストのための心理学講座」で心についての知識を学び中。実際に、心のことを学んでいると、苦手意識が少しずつ変化しています。

 

体のことについてはもちろん、心に関しても知識を身につけ

どんな場所に赴いても、目の前の人の喜びと笑顔を増やす。

そんな自分に近づいていきたいと思っております。

​◆略歴及び活動実績

〈所属団体〉
・全日本鍼灸学会会員
・(公社)日本アロマ環境協会会員 アロマテラピーインストラクター(2014年~)、アロマセラピスト(2017年~)
・災害鍼灸マッサージプロジェクト後方支援
・陸前高田鍼灸ボランティア プロジェクトさとわ副代表
・HIV/AIDS啓発団体 イルファー釧路会員


■略歴
2009年四国医療専門学校卒業、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師国家資格取得。
同年、兵庫県淡路市にある東浦平成病院リハビリテーション科鍼灸部門に鍼灸師あん摩マッサージ指圧師として4年間勤務。2013年2月退社。

2013年3月北海道釧路市(株)あんずカンパニーが経営する杏園堂鍼灸院およびアロマセラピースイートバジル(現 はりきゅうアロマあんずの種)にて鍼灸師兼アロマセラピストとして7年間勤務。2019年度からは副院長として務め2020年4月退社。(公社)日本アロマ環境協会の資格認定講師として資格取得スクールを多数開催。

2020年7月札幌・京都ラグジュアリーホテルスパでアロマセラピストとして7ヶ月間勤務。2021年1月退社。

2021年2月「恵比寿からだとこころ」に勤務。

■活動実績
2010年専門学校の恩師が毎年行なっているインドアディラバードスラム街にて鍼灸ボランティアに参加。
2011年東日本大震災時「災害鍼灸マッサージプロジェクト」に参加。宮城県岩沼市、南三陸町にて計3回鍼灸ボランティア従事。

2013年〜2019年陸前高田市にて無料鍼灸ボランティア治療「プロジェクトさとわ」に計4回従事。
2016年第66回(公社)全日本鍼灸学会学術大会北海道大会にて筆頭研究者として発表(演題:「 」)。
2016年NPO法人イルファー(HIV/AIDSの予防・啓発団体)主催のケニア共和国ナイロビプムワニ地区でのフリーメディカルキャンプに招待され、鍼灸師として参加。
2018年北海道胆振東部地震の際、武川町にて鍼灸マッサージボランティア、現地実態調査
2019年台風19号大雨豪雨災害 災害鍼灸マッサージプロジェクトのスタッフとして福島県いわき町にて活動。