からだとこころのQ&A

ご質問の答えはここに

■鍼灸治療について

●鍼はどうして効くのですか?

鍼の作用として大きく分けると以下のものが挙げられます。
1.内因性鎮痛機構の活性化
鍼をすると、体内ではエンドルフィンやエンケファリンといったモルヒネと似たような働きをするホルモン物質が分泌され、体にもともと備わっている「内因性鎮痛機構」という痛みを緩和してくれる働きを活性化させます。

2.下行性痛覚抑制系の活性化
痛みの伝達を抑制する仕組みの「下行性痛覚抑制系」が活性化されます。痛みの情報が遮断されることで痛みを緩和したり、痛みを感じにくくする働きがあります。

3.血液循環の改善
鍼をすると、血管が拡張し血流が改善します。血行が良くなることで、筋肉の緊張が緩み、疲労物質や老廃物が排出されやすくなります。

4.自律神経系、内分泌系、免疫系の調整
交感神経と副交感神経、ホルモンバランス、免疫の調整を行うことで、本来人間が持っている自然治癒力を高め、自らの力で回復するのをお手伝いしていきます。副作用の心配をせずにうけることができます。

●お灸はどうして効くのですか?

お灸による熱がお身体の深部に伝わることで、血流が改善されます。血流が改善されると、疲労物質で老廃物が排出され、酸素や栄養素が筋肉の細胞へ運ばれやすくなります。

また、鍼と同様に人が本来持っている自然治癒力を高め、自らの力で回復するのをお手伝いしていきます。副作用の心配をせずにうけることができます。お灸はご自宅でもできますので、ちょっとした不調をご自身でケアしていただくこともオススメです。

●鍼とお灸の違いは何ですか?

鍼とお灸の大きな違いは“熱”の有無です。

鍼は、皮膚からの感覚神経を通して刺激が脳に伝わることで、痛みの緩和に効果があります。

お灸には、熱により身体を温めて血流を促することで冷えの改善や体内の老廃物を排出させることができます。

どちらも、身体の免疫力を高め、元の正常な状態に戻すよう働きかける作用があります。

●鍼が痛く感じる日があるのはなぜですか?

痛みを感じる皮膚の器官は、疲労や心身のストレス、感情、天気の変化等にも影響を受けやすく、同じ部位に同じ刺激を行っても、刺激の感じ方が違います。筋肉の緊張が強いことで、痛みを感じやすくなる場合もございます。

●鍼が痛い所があるのはなぜですか?

皮膚や筋肉の緊張が強くなっている部分や、「毛穴」に鍼が当たると痛みを感じる場合がございます。毛穴は神経や血管が集まっているため痛みを感じやすくなっています。 鍼を刺した直後に少し「チクッ」と感じる痛みがあった場合はすぐに対応させていただきます。

●鍼を外す時に痛い時があるのはなぜですか?

筋肉が強く凝り固まっていると外す際に筋肉の繊維が引っかかり痛みが出てしまうことがございます。

鍼を抜いた後、その部位を重点的に揉むことで痛みを軽減していきます。

●鍼の響きってなんですか?

鍼をして痛みとは違う、ズーンとだるいような重いような感じを「響き」と呼びます。

神経を傷つけたのではと心配される方もいらっしゃいますが、そのような事はございませんのでご安心下さい。

●鍼の本数が多い方が効くのですか?

使用する鍼の本数が多いとより効果があるということはございません。

その日の体調・症状や、その方の体質等によって、鍼の本数と部位を決めています。心身の状態を見極め、最も効果的な鍼の本数で施術を行います。

●お灸はどのぐらいの熱さまで我慢したら良いのですか?

お灸は熱いほど効果があるというものではありません。ほどよい温かさでツボを刺激することで効果があるため、我慢しすぎに熱さを感じたらすぐに取り外しましょう。

●お灸をすると、痕になりますか?

お灸には様々な種類のものがございますが、当店では台座のついた安全なお灸を使用しており、間接的に熱を送り込むため痕になる可能性は非常に少ないお灸です。

生理中ですが、鍼灸施術を受けても大丈夫ですか?

生理中も鍼灸施術を受けていただけます。また、鍼灸施術によりホルモンバランスや血流を改善させ、生理不順や生理痛を緩和させることができます。

 

●今、妊娠中ですが鍼灸施術を受けても大丈夫ですか?

鍼灸施術は、妊娠初期から出産直前までいつでもお受けいただけます。

妊娠初期、中期、後期と刻々と変化していくお体に合わせてツボや刺激量を調整してまいります。

妊娠中でお薬を飲めない様な症状にも対応いたしますのでどうぞご相談下さい。

●美容鍼にはどんな効果がありますか?

美容鍼には、お顔のたるみの改善、リフトアップ、小顔効果、ハリ感が出る、透明感が出る、ほうれい線等のシワやくすみの改善、肌質の改善、目の下のクマの改善、血色が良くなる、お化粧のりが良くなるなど様々な効果がございます。 また、美容目的だけでなく、肩こり、噛み締め、頭痛、目の疲れなどにも有効です。 

●鍼を打つと内出血が出来ることがありますか?

皮膚表面には多くの毛細血管が通っています。毛細血管の血液の流れが悪くなると、毛細血管自体に酸素や栄養が不足し、もろくなってしまいます。栄養不足になった毛細血管が多い方は、ちょっとしたことで毛細血管の壁が壊れるため、内出血しやすくなります。

日頃から内出血が起こりやすい方や、抗血液凝固剤を服用されている方は、事前にご相談ください。

●使用する鍼は使い捨てですか?鍼で感染することはありませんか?

使用する鍼は、全て高品質のディスポーザブル鍼(使い捨て)です。感染の可能性はございませんので、ご安心ください。​

●ツボとはなんですか?

ツボとは、東洋医学で言う「経穴(けいけつ」のことをいいます。

ツボはひとつひとつに名前があり、身体の各臓器と深く関係しています。

鍼灸治療の際は、反応の現れているツボを鍼やお灸で刺激することで治療していきます。

●脈を診て何がわかるのですか?

脈を診ることを脈診(みゃくしん)といい、脈に触れて拍動の強さや早さ、リズムなどから身体の状態を診察する方法です。中国医学では、気血の状態が脈に現われ、脈診で臓腑の様子が分かると考えたため、古くから重視されている診察法です。施術の前後で脈を診て、お体の変化や改善を確認いたします。表面には未だ現れていない不調に早めに気づき改善することで、病気になりにくいお身体を作って参ります。

●カッピングとはどういった治療法ですか?

皮膚にカップを当て、カップ内の空気を吸い上げ、真空状態に近い状態を作り出します。吸引圧により吸着部分の血管を拡張させ、疲労物質や老廃物を排出したり、細胞に血液を行き渡らせます。物質代謝を促進させ細胞を活性化し生体の持つ機能を改善させます。

鍼灸施術が体質に合う、合わないはありますか?

どのような体質の方にも鍼灸施術をおすすめできます。当店では、お客様それぞれのご体質、ご体調にあわせた鍼灸施術を提供しております。お身体や美容でお悩みのことがございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

●鍼灸の副作用はありますか?

鍼は薬のような副作用はありませんが、稀に東洋医学特有の好転反応とされる瞑眩(めんげん)反応といわれる症状が出ることがあります。この瞑眩反応とは、治療後に身体がだるく感じたり眠くなったりと一時的に症状が悪化したように感じることです。お客様全員が体験するわけではないのですが、これは症状が良くなっていく上での一過程とされており、その反応後にお身体の調子が上昇していきますので、ご安心ください。

●健康保険は使えますか?

申し訳ございませんが、当サロンでは健康保険はご利用いただけません。​​

​●メイクをしたまま美容鍼は受けられますか?

メイクは落とさずに施術を受けていただくことが可能です。鍼をする箇所にはアルコール消毒をいたしますので、少しお化粧が取れることがございます。

 

●男性でも受けることは出来ますか?

女性、男性など性別にかかわらず当店の施術をお受けいただけます。施術の際は使い捨てショーツやトランクスをご用意しております。

疲労回復や肩こり・頭痛や眼精疲労等の気になる症状も改善されますので一度ぜひお試しください。 

●鍼をした後に赤い点が残っています。大丈夫でしょうか?

鍼の後に赤くプツっとした湿疹や出血跡のような点が現れることがあります。
赤い点は施術後すぐに消えることが多いのですが、2~3日程度、ごく稀に1~2週間ほど残る方もいらっしゃいます。
これは、①身体の好転反応と、②鍼を皮下に刺すことによる毛細血管の出血のいずれかが考えられます。

①身体の好転反応によるもの
鍼灸施術で身体の修復機能や免疫力が高まると、鍼を打ったところに赤みを伴った発疹や痒みが現れる場合があります。これは東洋医学で瞑眩(めんげん)と呼ばれる好転反応のひとつですが、時間の経過とともに赤みも落ち着いていきます。

②鍼を刺すことによる毛細血管の出血
鍼を刺した部位の毛細血管が出血し、一定期間残ることがあります。殆どの方は2~3日以内に消えますが、長い方ですと消えるまで1~2週間程度かかる場合があります。ご心配な際は、いつでもお問い合わせください。​

 

●治療後はお風呂に入っても大丈夫ですか?

治療後は血行がよくなり、すこしのぼせやすくなっておりますので、熱いお湯や長湯は避け、シャワーやぬるめのお湯にお入りください。

 

●施術直後、身体がだるさがあっても大丈夫ですか?

鍼灸治療をすることで、全身の血流が大変良くなっておりますので、治療当日は運動した後のような身体のだるさや眠気が出られる方が多くいらっしゃいます。治療の効果の表れの一つですので、ご心配いりません。ゆっくりとお休みいただければ、翌日にはスッキリされていると思います。

 

●施術の後、食事は普通に摂って大丈夫ですか?

鍼灸施術をすることで、全身の血流が大変良くなっております。過度な量のお食事を召しあがりますと、消化にエネルギーが使われてしまいがちになりますので、施術後は腹八分目でお食事をお摂り下さい。胃腸に使われるエネルギーの負担が少なくなる分、バランス良く、施術の効果をご実感頂けると思います。

 

●施術の後、お酒を飲んでも大丈夫ですか?

鍼灸施術をお受けになった後は、全身の血流が大変良い状態となっております。お酒の吸収も普段以上に良くなって、お酒が回りやすい傾向にありますので、施術当日の飲酒は控えめにしていただくことをお勧めいたします。

 

●施術の後、運動をしても大丈夫ですか?

鍼灸治療をお受けになった後は、全身の血流が非常に良い状態となっております。過度な運動をされると、お身体のだるさが出やすくなる傾向にあります。施術の効果をより高めるためにも、施術当日は運動をお控えいただくか、普段よりも軽めにされる事をお勧めいたします。

 

●施術の後、顔に小さい青いアザ(内出血)が出来ました。

お顔には非常に多くの毛細血管が通っており、鍼の刺激で毛細血管からの内出血が生じることが稀にございます。鍼による内出血は、身体をぶつけた際にできたりする「青アザ」と同様のものですので、通常は2日から2週間程度で消えてまいります(お客様の体質によって変わってまいります)。当サロンでは内出血が出ないよう万全の注意を払って施術いたしますが、施術後に内出血が出てご不安な際は、担当の鍼灸師までいつでもご相談下さい。

 

●施術の後、鍼を刺されたところにチクチク違和感があります。大丈夫ですか?

鍼灸施術で皮膚や筋肉に刺激をしておりますので、敏感な方は施術後に多少の違和感が残る方もございます。当店で使用している鍼は、髪の毛ほどのごく細いものですので、お身体に傷を残すことはございません。もし1週間以上違和感が残られる場合は、担当の鍼灸師までご連絡下さい。

■アロマセラピー・オイルトリートメントについて

●アロマセラピーとはどのようなものですか?

アロマセラピー(=芳香療法)とは、植物の持つ香りの成分(精油)によって心身の不調を改善させていく自然療法のことです。

人間に元来備わっている自然治癒力を高めることが期待されます。

 

●精油とはどのようなものですか?

アロマテラピーに使われる精油は、植物の花、葉、実、茎、根、樹皮などから抽出した「香りの成分」です。

「香りの成分」は天然の有機化合物の集まりで、1種類の精油の中には通常、数十〜数百以上もの有機化合物が含まれています。

それらが化学反応を起こし、さまざまな作用と香りを生んでいます。

 

●アロマセラピーはなぜ効くのですか?

「香り」を嗅ぐことにより、「香り」の電気信号がダイレクトに脳に届き、自律神経やホルモン、感情を司る機能に直接働きかけ、不調を調整することが期待できるからです。

人間の五感、視覚・聴覚・触覚・味覚、嗅覚。この中で嗅覚の刺激だけが大脳新皮質を通さず、大脳辺縁系にダイレクトに伝わります。

大脳辺縁系は「食欲」や「記憶」「感情」など本能的な機能を司る部位です。その周辺には自律神経の中枢「視床下部」やホルモン分泌にかかわる「下垂体」があるため、刺激が伝わると考えるよりも早く心と体が反応します。

香りをかいで一瞬で昔の感情が甦って胸がキュンとしたり、憂鬱な気分がスーッと爽快になったりするのは、そのためです。

エッセンシャルオイル(精油)の香りも鼻から吸い込まれ、ダイレクトに大脳辺縁系へ伝わり、自律神経の中枢「視床下部」や、ホルモン分泌にかかわる「下垂体」に直接働きかけます。

アロマテラピーが素早く気分を改善したり、ホルモンを整えて美容効果を高めたり、自律神経症を軽減する理由は、ここにあるのです。

 

●どのように施術で使用するのですか?

アロマオイルトリートメントというと、精油を植物油に希釈し、全身に塗布して皮膚や鼻、呼吸から精油成分を吸収させるものが一般的です。

しかし当店では、最もダイレクトに効果的に、心身に働きかける嗅覚からの「芳香療法」という手法を取り入れています。

その日一番心地よいと感じる香りを深呼吸とともに、心身の奥深くまで取り入れ香りに包まれた時間をお過ごしいただきます。

 

●どのようなアロマを使っているのですか?

当店では『ARTQ(アロマティークオーガニクス)』の製品を使用しています。

日本で唯一植物の買い付けから商品化まで自社で一貫して行っているオーガニックアロマブランドです。

混じりっけなしの100%ピュアな精油だけが持つ本物の香りをお楽しみいただくことができます。

 

●生理中ですが施術を受けることはできますか?

可能です。ただし、個人差はありますが施術後は血行が促進され代謝が上がっているため一時的に経血量が増えることがあります。

 

●妊娠しています。アロママッサージを受けることはできますか?

安定期(16週以降)に入っていてドクターからの同意を得た方のみ、ご予約をお受けしています。

施術は、お身体に負担のかからない楽な姿勢で行います。妊娠後期までお受けいただけます。

ご予約時に妊娠されている旨をお申し出くださいますようお願いいたします。

■施術のご予約について

●二人以上の予約はできますか?

​お二人同時に施術をお受けいただける日もございます。お二人以上のご予約希望の際は、メールまたはLINEでお問い合わせください。

●男性でも予約可能ですか?

男性のお客様もご予約可能です。性別関係なくご予約を承れますので、ご安心ください。

●キャンセル料はかかりますか?

ご予約をキャンセルまたはご変更する場合は、ご連絡をください。

(留守番電話の場合は、メッセージをお願いいたします。)

次の場合は、キャンセル料が発生いたしますので、ご了承ください。  

 ・前日にご連絡の場合、キャンセル料はかかりません。

 ・当日キャンセル・無断キャンセルの場合は、料金の100%をキャンセル料として頂戴いたします。

<キャンセル料のお支払いについて>

キャンセル料が発生した場合、次のご予約をされている場合は、次回ご来店時にキャンセル料金を併せてお支払いください。

キャンセルをされたご予約日から一週間以内にお振込ください。

誠に申し訳ございませんが、振込手数料は、お客様のご負担とさせていただきます。

(お振込のご依頼人様とご予約のお名前は同一のお名前でお願いいたします)

 

■スクールについて

 

●スクール受講前にコースなどの相談をすることはできますか?

是非お気軽にご連絡ください。ご不明点やご質問を含めて、担当講師が直接お話しをさせていただきます。お電話もしくはZOOMなどオンラインでお話することも可能です。

 

●スクールの見学は可能ですか?

可能です。学校見学は、まずご要望や希望コースをお伺いした上で、日程や時間をご相談させていただきたいと思います。料金は無料となります。

 

講座のキャンセルはできますか?

開講日の5日前までお受けしています。その場合にはお振込手数料を引かせていただいた上で、すでにお支払いいただいている料金はお返しさせていただきます。ただし、無断での欠席や生徒さん自身のご都合での当日キャンセルに関しては講習料の返金を行っていませんので、あらかじめご了承ください。

他にご不明な点はございますか?

お気軽にお問い合わせください。